ローランド、BOSSからエフェクター「200シリーズ」新作発売

スポンサー
音楽
スポンサー

エフェクターなどのメーカーBOSSから
多彩なアンプサウンドを得られる「IR-200」と、
ギター/ベースをシンセサイザーサウンドで演奏できる
「SY-200」の発売が発表された。


スポンサー

IRー200

真空管のアンプから独自のMDP(Multi-Dimensional Processing)
技術を採用したオリジナルアンプ等をモデリングできる
エフェクターである。
作成したサウンドは128個まで保存が可能、
本体にはBOSSのIRデータが150個保存されている。
空間系エフェクター等との相性も良好。
作成したサウンドはアンプ、
PA、PCのDAWソフトやヘッドホン
へ同時に出力が可能となっている。
AUX IN端子もついている為音楽を聴きながら、
ギターの練習もでき重宝しそうだ。

接続端子  INPUT、SEND、OUTPUT(A/MONO、B)端子:標準タイプ
      RETURN 端子:TRS 標準タイプ
      AUX IN、PHONES:ステレオ・ミニ・タイプ
      CTL 1, 2/EXP 端子:TRS 標準タイプ
      MIDI(IN、OUT)端子:ステレオ・ミニ・タイプ
      USB COMPUTER 端子:USB マイクロB タイプ
      DC IN 端子
電源 ACアダプター

10月発売予定 価格は44,000前後。

SY-200

従来のギター/ベースシンセサイザーのような特殊なピックアップを必要とせず、
楽器のアウトプットを本体のインプットに接続するだけでOKだ。
発音の遅れがなく、ギター/ベースの奏法はそのままに自然な弾き心地で演奏できる。
12種類のカテゴリーをもとに作成された171の音色を内蔵。
また、音色の調節は本体パネル上の3つこちらも本体パネル上の
ノブで音色の調節など直感的な操作が可能。カスタマイズした音色は、
128個まで本体メモリーに保存でき、足元のスイッチ操作で切り替えられる。

セットアップしたサウンドは、128個までに本体に保存し、即座に呼び出せます。2つのフットスイッチは、アサイン機能を駆使することで複雑なリアルタイム・コントロールも可能。外部フットスイッチやエクスプレッション・ペダル、MIDI接続によるコントロール機能も充実しています。 公式サイト

https://www.boss.info/jp/products/sy-200/

10月発売予定 価格は33,000前後。

どちらもliveや宅録に音の幅が広がり、
活躍の幅が広がりそうだ。


hashimoto

札幌在住30代2.6流ギタリストです。
ギターについて解説していきます。
コミュ障なのでなかなか表舞台には出ません。
インディーズでオリジナル曲が発売される奇跡体験。

hashimotoをフォローする
音楽
スポンサー
スポンサー
ギターを始めたい方へ解説 初心者向け

コメント

タイトルとURLをコピーしました