コミュ障ギタリストによる解説 初心者にも分かりやすいようにギター種類ご紹介 10選

スポンサー
スポンサー
スポンサー

ポール・リード・スミス

ポール・リード・スミス(Paul Reed Smith、略称:PRS)は、エレクトリックギターとエレクトリックベースを製造する、アメリカ合衆国の企業及びその創業者である。
1985年設立。現在、社名としてはPRS Guitarsという表現を使用している。
このギターは万能でロック~ブルースまで幅広く使用出来るギターでしょう。
正直これ1本あれば何とかなると思います。
ストラト的な使い方や、レスポール的な使い方が出来ると言われております。
また木目やカラー等見た目も美しいですよね。それでは種類をご紹介致します。

・Private Stock

この機種はPRSの中でも上位機種です。
私のような物には手に入りません。笑
ブラジリアン・ローズウッドと言う希少価値の高い木材、
装飾やピックアップ等も上質なギターです。

・Custom24

この種類は名前にある様に24フレット使用である事です。
たまに22フレット以上使いたくなる曲がありますよね?
便利なギターです。

・SE

生産にかかるコストを押さえ製作されているお求めやすいギターです。
試奏した事はないのですが(汗)
初心者の方には十分すぎるスペックだと思います。

使用ギタリスト

カルロス・サンタナ

オリアンティ・パナガリス

リンキン・パーク
ブラッド・デルソン

降谷建志

T-SQUARE
安藤正容

テレキャスター

フェンダーの創業者、レオ・フェンダーが開発したエレクトリックギター。
1949年頃、「エスクワイヤー」の名前で発売が開始されたテレキャスター・シリーズは、ソリッド・ボディやボルトオン・ネックなど伝統的なギターの概念からは大きく離れたものであったが、市場からは好評を博した。
その次にブロードキャスターと呼ばれ、テレキャスターに落ちついたようです。
こちらのギターはストラトキャスターよりシャリシャリしているイメージですね。
最近の若いバンドの方も使ってる方いますよね。
ロックにも使用されていますが、カントリー等にも合うようです。
レスポール持ちなら「軽っ」となると思います。

使用ギタリスト

キース・リチャーズ

布袋寅泰

アベフトシ

向井秀徳

あれ、日本人が多くなってしまいました。
私の知識不足ですかね・・・
U2のジ・エッジさん等も使用していますが個人的にあまりイメージないです。

シンラインと言うモデルのセミアコ版もあります。

ボディはアッシュ材かアルダー材の仕様のようです。
昔ながらの方はアッシュ材の方が好みなのでしょうかね。
指板も現行でローズウットとメイプル両方ありますね。
良いギターですね!

es-335,es-339

ES-335とは、1958年にギブソンから発売された、商業用として世界初のセミアコースティックギターである。
コリーナギターズを企画したテッド・マッカーティらスタッフが、「ソリッドボディにアコースティックサウンドを加える」というコンセプトのもとに開発した。
ギブソンさんのセミアコと言えばこのギターです。
中が空洞のフルアコとは違い、ボディ中央にセンター・ブロックと呼ばれる木製の板が埋め込まれている物です。
ですのでソリッドとフルアコの中間とも言えますね。
クリーンだとブルースやジャズまで対応出来るのでしょうか、
ロックバンドでも歪ませて使用している方もいますね。
339の方は335より小型されている仕様です。
ボディ内部にセンターブロックがなくP-90を搭載した330等もありますね。

余談ですが私が最近購入を考えているモデルでもあります。
(どうでも良いですね・・・)

使用ギタリスト

ラリー・カールトン

B.B. キング

ノエル・ギャラガー

生方真一

あまり歪ませると言うギターではないですが、
最後の2人はけっこう歪んでますよね。
フーファイターズのデイブさんも自身の335を私用しておりました。
Mr.335のラリーさん憧れですね・・・

es-175

画像は自分所有のエピフォン社のES-175PREMIUMです。
ギブソンさんのフルアコのギターです。
ギブソンさんの最高機種のL5の廉価版として登場したようです。
箱モノとあってやはり生音でもなりますね。
主にジャズに使用されるギターではないでしょうか。

使用ギタリスト

ジョー・パス

スティーヴ・ハウ

ジムホールさんやウェス・モンゴメリーさんも使用していると思ったのですが、
良い画像が出てきませんでした。
最近はGibson Memphis製になったのでしょうか。
勉強して再度掲載致しますね。

ジャズマスター・ジャガー

1950年代当時ジャズギターはギブソン製が流行っていた為、
フェンダーさんがジャズギターの製作に着手しました。
そこで生まれたのがジャズマスターです。
その後に生まれたのがジャガーとなります。
ボディも左右非対称のオフセット・ウエストと言う形で当時は斬新な形だったのでしょう。
ジャズマスターの方が温かい音、ジャガーはテケテケ系の音となっております。
擬音で言われても分かりませんよね。笑

使用ギタリスト

カート・コバーン

J・マスシス

田渕ひさ子

イマイ ノブアキ

良いギターなのですがチューニングがずれやすい、ジャックが壊れやすい
好みの音が作りにくいなどクセのあるギターです。
だから使いこなしてやろうと誰かが言っていたような・・・
色々言いましたがかっこ良いですね!


次のページはシェクターのご紹介です。

hashimoto

札幌在住30代2.6流ギタリストです。
ギターについて解説していきます。
コミュ障なのでなかなか表舞台には出ません。
インディーズでオリジナル曲が発売される奇跡体験。

hashimotoをフォローする
スポンサー
スポンサー
ギターを始めたい方へ解説 初心者向け
タイトルとURLをコピーしました