初心者にも分かりやすい弦交換の手順について

スポンサー
弦
スポンサー
スポンサー

弦交換についての手順と道具解説。

始めてされる方は何をしていいのか分からないでしょう。
必要な物は何だろう?めんどくさいな・・・
交換時に切れてしまった等色々悩みはつきないかと思います。
私もやりはじめた時は何度か弦を切ってしまいました。

初めに手順最低限の道具をご紹介します。

・弦
・ニッパー
・フロイトローズ式の場合六角レンチ

これだけあればとりあえずは大丈夫です!
ストリングスワインダーは私は使いません。
通称アルトベンリ

レスポール弦交換

弦

今回はエリクサーの弦を使用します。
エリクサーは長持ちする事で有名です。
(長期間錆びない)

弦

まずは古い弦をゆるめます。
4弦、5弦、6弦(太い方)レスポールの場合は手前に回すとゆるみます。
1弦、2弦、3弦(細い方)レスポールの場合は奥に回すとゆるみます。


弦

こんな感じでゆるゆるになればOKです。

弦

弦をニッパーで切ります。

弦

弦を全部外すとテールピースと言う部品もとれます。
問題ないですがやりづらい方は弦を何本か残して
交換するとよいと思います。

弦

ここ普段汚れが溜まりやすいので掃除します。

弦の先端をテールピースの穴から通します。

弦

ペグの穴に弦を通します。

弦

弦をテールピース側がエンドピンでとまるまでさします。
そしてここが重要です。
6弦、5弦でペグ1個半分ほど手前へ引き戻して下さい。
これをしないと後で弦が切れます。
4弦でペグ1個程手前へ引き戻す。

弦

ここでペグに時計周りに一回巻きつけます。
(1弦、2弦、3弦は反時計回り)

弦

右手で弦の巻きが徐々に下にいくように押さえて、
左手でペグを奥へ回します。
( 1弦、2弦、3弦は手前へ)

ピンとなったら完成です。

弦

余分な弦を切ります。
残してる方もいますが好みです。

弦

これで完成です。
私も上手くはないのでご勘弁下さい。

フロイトローズ弦交換

今回は棚の奥に眠っていたこちらの弦を使用します。
六角レンチは恐らくギターに付属しているかと、
思います。

フロイトローズ

まずはロックナットを外します。
上にあるテンションバーも外すと
弦交換しやすいです。
外さなくても大丈夫です。

フロイトローズ

ブリッジの下に柔らかいウエス等を挟みます。
この後弦を切る工程を終えると
かなり下に沈みこみます。
弦交換の際に苦労します。

弦をゆるめます。
手前に回すとゆるみます 。

弦をニッパーで切ります。

フロイトローズ

ここのネジをゆるめれば弦が抜けます。
ストリングロックスクリューと言います。

フロイトローズ

レスポール同様普段掃除しにくので、
拭きます。

フロイトローズ

弦をはります。
フロイトローズは最後のポールエンドが必要ありません。
巻弦(4弦、5弦、6弦)は巻き返しを約2mm程度残して切ります。
プレーン弦(1弦、2弦、3弦)は巻き返し部分を残さず切ります。

フロイトローズ

写真のように弦を奥まで入れて
ストリングロックスクリュー を締めます。
どうしても作業しにくい場合はアームダウン
すると作業できると思います。

フロイトローズ

後はレスポール(上記記事)同様弦を張ります。

こんな感じです。
私弦交換苦手です・・・

hashimoto

札幌在住30代2.6流ギタリストです。
ギターについて解説していきます。
コミュ障なのでなかなか表舞台には出ません。
インディーズでオリジナル曲が発売される奇跡体験。

hashimotoをフォローする
スポンサー
スポンサー
ギターを始めたい方へ解説 初心者向け
タイトルとURLをコピーしました