コミュ障ギタリストによる解説 初心者にも分かりやすいようにギター種類ご紹介 10選

スポンサー
スポンサー

エレキギター

スポンサー

レスポール

レスポールカスタム

アメリカ合衆国のギタリスト、レス・ポールのアーティスト・モデルである。
レスポールはギブソン社初のソリッドギターであり、前述の通りレス・ポールとの共同開発とされる、彼のシグネチャーモデルである。
レスポールとして最も知られているのはスタンダード、カスタムの2種類であるが、その他にもスペシャル、ジュニア、デラックス、スタジオ、クラシックなど多くのモデルが存在する。


純粋にロックと聞くと頭にうかぶギターではないでしょうか。
歪ませると図太い音でロックに最適です。

クリーンの音も素敵でリアでアルペジオも綺麗ですし、
フロントにすると甘い音がします。


一般的に他のギターより重たいです。ネックも他ギターより太いです。
レスポールのネックは折れやすいので注意して下さいね。
機種、個体差にもよりますが4kg前後です。

余談ですが私はレスポールスタジオを所有しております。

丸みを帯びたデザインが印象的です。

レスポールスタジオ

ギブソンらしい音を残しつつも比較的安価で手に入るモデルです。
ピックアップは490R/498TやBurstbacker Proが装備されております。
ちなみにレスポールスタジオは他のレスポールより少し小さいです。
ハードケース流用の際はご注意下さい。

レスポールスタンダード

当時レスポール(ゴールドトップ)が先行して流通しておりそれと区別をする為に、
名前をスタンダードに変更。
中でも1958年、1959年辺りのモデルは現在の価値で相当なものです。
欲しい・・・

レスポールカスタム

こちらも当時のレスポール(ゴールドトップ)の上位機種として発売されました。
高級感のある黒色にゴールドパーツの組合せで、【タキシードに似合うギター】と言うコンセプトで
発売されました。
ピックアップは490R/498Tが多いようです。

レスポールジュニア

元々はレスポールの廉価版として作られたモデル。
代表的な色はTVイエローと言う淡い黄色系の色です。
ピックアップはP90の1個とシンプルなのですが、
パワーもありアルペジオにも向いています。
下記写真の真島さんも所有されております。

レスポールスペシャル

簡単に説明しますとレスポールジュニアのアップグレード版、
P90が2基搭載されていいるモデルとなります。
ジュニアと好みが分かれるかもしれませんね。
バンプオブチキンの藤原さんも所有されています。

個人的には後述しますストラトキャスター共に初心者におすすめです。

演奏の質はさておき・・・
動画全般が歪んだ音、最後がクリーンの音になります。

使用ギタリスト

エアロスミス ジョーペリー

キッス エース・フレリー

B’z  松本孝弘

ガンズ・アンド・ローゼズ スラッシュ

レッドツェッペリン ジミーペイジ

クロマニョンズ  真島昌利

かっこ良いですね!
とても好きなギターなので最初に取り上げてみました。

ピックアップについて

ピックアップの種類を記載します。
皆様ご存知かと思いますがレスポールにはフロントとリアの2種類
のピックアップが付いている事が多いと思います。
センター入れて3種類の物もありますが!
ハムバッカーと言われるタイプです。

・490R
・498T

レスポールスタジオ等の初期装備が多いと思います。
バランスの取れたピックアップです。
498Tの方が出力が大きいです。

・BURST BUCKER1
・BURST BUCKER2
・BURST BUCKER3

1から3の方へいくにつれ出力が大きくなっていきます。
レスポールスタンダード等の初期装備に多く使われます。
他にもpro等があります。中域~高域が得意です。

・ 57CLASSIC

はい、見分けつかないですね。
温かい音がします、ES-175等箱モノに初期装備されてます。
クリーンが得意です。

・P90

これは分かりますね。
レスポールジュニアの初期装備が多いと思います。
ゴールドトップのイメージが強いですね。
パワーが大きいです。

ストラトキャスター

ストラトキャスターは、フェンダー社が1954年から発表・発売を行っているエレクトリックギターの機種。同社社長のレオ・フェンダーらによって開発された。
レスポールとは正反対とも言うのでしょうか、高中域が強くカッティング等に向いているギターです。
もちろん歪ませてもシンプルで味付けしやすくロックにも使用されていますよね。
重量は軽いです。ネックは細いです。
レスポールと比べると歪みは少ないですね。
好みがが分かれる所でしょうか。
ストラトキャスターはネックをネジ止めすることでボディとくっつけているボルトオンと言われる構造になってます。

余談ですが私はアメリカンスタンダードを所有しております。

使用ギタリスト

エリック・クラプトン

ジミ・ヘンドリックス

ジェフ・ベック

char

元レッド・ホッド・チリ・ペッパーズ
ジョン・フルシアンテ

良いですね!
こう見るとハードロックよりかは繊細的なプレイヤーが多いでしょか。

ストラトキャスターはクリーンな音が綺麗だと思います。

アルペジオやカッティングにマッチします。

グレッチ

グレッチ(Gretsch)は、アメリカ合衆国の楽器メーカーであり、そのブランド。
現在販売されているグレッチのギターはほとんど東アジアにて生産されているが、
一部アメリカ製の「カスタム・ショップ」製モデルもある。

今まではギターの種類の紹介でしたが、グレッチはメーカー名になります。

グレッチにもよいギターがたくさんあります!

使用ギタリストの前に個別に種類を紹介します。

・G6136 ホワイトファルコン

【世界一美しいギター】と呼ばれてます。
漫画BECKでも良く出てきましたね。
こちらはフルアコになります。
ボディとネックはメイプル、エボニー指板です。

・G6120  Nashville

グレッチと言えばこの形も良くみますね。
ブライアン・セッツァー先生のシグネイチャーもこの型です。
試奏したことがあるんですが個体差が大きいです。
想像するグレッチ!と言う音がします。

・G6128 Duo Jet

グレッチでは珍しいソリッドボディーのギターです。
ソリッドとはフルアコやセミアコのように中に空洞がないタイプです。
こちらも人気ありますよね。
hydeさんや林檎さんも使用していたと思います。

・G6134 Penguin

ホワイトペンギンやブラックペンギンがあります。
個人的にこれも弾いてみたいギターです。

ピックアップついて

グレッチのピックアップは3個に分けられます。

・フィルタートロン

ハムバッカータイプの分厚いトーンが特徴です。
ノイズ対策の為にコイルの巻数を少なくしてあります。

・ダイナソニック

こちらはシングルコイルとなります。
高音よりかドンシャリ系が得意です。

・ハイロートロン

フィルタートロンの片側のボールピースを抜いた構造となっているので、
構造上はシングルコイルになります。
名前の通りハイからローまでカバーします。

使用ギタリスト

チェット・アトキンス

ブライアン・セッツァー

チバユウスケ

浅井健一

ジョージ・ハリスン

グレッチギター使用のアーティストは好きな人多いです・・・
グレッチはメンテも含めて扱いにくいギターです。
欲しいのですが、私はやはりレスポール、ストラトを揃えてしまいました。
しかしいつか買います!
年代によって製作工場等違うので当たり外れもあるようです。

中古で購入の際にはご用心を。

SG

sgギター

SG(エスジー)は、アメリカ合衆国のギブソンが1961年のニューモデルとして発表した
エレクトリックギター。
名称の「SG」はSolid Guitar、ソリッド・ギターの意。
ソリッドギターとは本体内部が空洞ではないギターの事。
ギブソン社から発売されたレスポールが、1954年に「カスタム」「ジュニア」、
とバリエーションが拡充されて、レスポールのモデルチェンジとして
1961年に誕生したのががSGになります。

ですのでレスポールと比べると軽量化、薄型化となってます。
このギターの特徴は、歪ませるとレスポール寄りに、でもシャリシャリ感あります
と言った音でしょうか!
70、80年代のロックと言うイメージが強いですね、
と言うかAC/DCのイメージが強いです・・・

使用ギタリスト

AC/DC
アンガス・ヤング

ブラックサバス
トニー・アイオミ

ザ・フー
ピート・タウンゼント

ジミー・ペイジ

最後のジミーさんは、ダブルネックです
EDS-1275と言う種類のとなり、
天国への階段はあまりにも有名ですよね。
SGは弾いたことあるのですが、かなり歪みますよ!


次のページはポール・リード・スミスのご紹介です。

hashimoto

札幌在住30代2.6流ギタリストです。
ギターについて解説していきます。
コミュ障なのでなかなか表舞台には出ません。
インディーズでオリジナル曲が発売される奇跡体験。

hashimotoをフォローする
スポンサー
スポンサー
ギターを始めたい方へ解説 初心者向け
タイトルとURLをコピーしました